銀行カードローンとは

カードローンには、大きく分けると2種類に分けることができます。

銀行が行っている「銀行カードローン」と
消費者金融が行っているカードローンです。

この2種類の違いは「総量規制」があるかないかです。

消費者金融系のカードローンですと総量規制があるのですが
銀行のカードローンには総量規制がありません。

総量規制というのは「年収の3分の1以上は借り入れできませんよ」というものです。

消費者金融のカードローンを利用する場合、収入によって借り入れできる金額に制限がされるのですが
銀行のカードローンであれば借り入れに規制がなくお金を借りることが可能なのです。

銀行カードローンは、どのような銀行でも口座を開設することによってカードローンを利用することができます。

カードローンを利用することができるサービスを提供しているのです。

口座を開設することなく利用することのできる銀行カードローンもあるようです。

カードローンと聞くと「お金を借りることは怖いこと」と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが
しっかりと返済することが可能であれば何も不安に思う必要などありません。

返済することができないとわかっておきながらお金を借りてしまうから恐ろしくなってしまうだけなんです。

上手く取り入れることができれば銀行カードローンはとても便利なものです。

安定した収入があるのであれば活用しても良いのではないでしょうか。

カードローンを利用できる条件は「安定した収入がある」ということです。

最近では、安定した収入があれば、アルバイトやパートの方でもカードローンを利用できる会社も増えてきています。

アルバイトやパートの場合、利用額が10万円以下と低額だったりはするのですが
「今必要!」というときに借りれるのは有り難いですよね。

また、銀行カードローンの良いところは「保証人」や「担保」が必要ないということです。

無担保無保証人でお金を借りることができるんです。

「安定した収入」があればOKなので気軽に審査を受けることができます。

ページトップへ