審査前にチェックすること

銀行カードローンの審査を確実に通過したいのであれば、事前のチェックも必要です。
審査を受ける際には不安になる方が多くいらっしゃいます。

はじめてカードローンを利用する方であれば尚更のことでしょう。

不安な気持ちを解消するためにも確実に審査を通過するためにも
いろいろなカードローンを比較したり、審査を受ける前にチェックしておくことなど
審査を通過する確立をアップさせておく方法をご紹介します。

他社からの借り入れはありませんか?

住宅ローンや自動車ローンは除きますが、審査を受けようとしている銀行以外に
他社から借り入れがある場合、明確な情報を提出しなければなりません。

他社からの借り入れがあるかどうかは、審査の際に銀行側がチェックすることができますので
提出しなかったからといってバレないというわけではありませんので
正確な情報を確実に提出する必要があります。

嘘の申告をしてしまうと審査を通過することはできません。

借り入れをしている金融機関名や件数、借り入れしている金額まで
しっかりと申告するようにしましょう。

在籍確認ができる状態にしておきましょう

申告した職場に在籍しているかどうかの連絡が職場に入る場合がありますが、確認できない場合、審査を通過することができない場合があります。

「○日に連絡してください」など、在籍確認が確実に行える日を銀行側に伝えておくと良いでしょう。

連絡先の記入について

固定電話を利用していない方は携帯電話の番号のみを提出すれば良いのですが
固定電話を利用している方であれば、固定電話の提出も行った方が審査を通過しやすくなります。
固定電話は「住所の場所に住んでいます」という証拠にもなるので審査に有利なのです。
「カードローンの利用を家族に知られたくない」という理由で固定電話を提出しない方が多いようです。

カードローン利用の理由

審査申し込みの記入欄には「自由記述蘭」というアンケートがある場合もあります。

なぜカードローンを利用したいのか、というアンケート内容がある場合
「生活資金」と書いてしまうことで審査を通過できない可能性があります。

生活資金を得るためにカードローンを利用したいという方もいらっしゃるかとは思いますが
「カードローンを利用しなければいけないほど生活資金に困っているのか?」と判断されてしまうと
審査評価を落としてしまう可能性がありますので注意しましょう。

「生活に必要なお金がない」となると返済も不可能なのではないかと判断されてしまうのです。

ページトップへ