審査を通過できない理由

銀行カードローンは、無担保・無利息でお金を借りることができますし
審査に通りやすいカードローンだとされているのですが
なかなか審査を通過することができないでいるという方もいらっしゃるようです。

「早くカードローンを利用したい!」「すぐにお金が必要だ!」という気持ちから
焦ってしまい、審査を通過できない理由を作ってしまっていることもあります。

審査はカードローンによって異なりますが、審査を通過できない理由はそれほど多くあるわけではありません。

短期間の間に複数の銀行カードローンを申し込んではいませんか?

「たくさん審査を申し込んでおけば、どれかは審査を通過できるだろう」
そう思って、短期間の間に複数の審査に申し込んでいることがありますが
「返済を踏み倒すのではないか?」「リスクが高い人物である」と判断されてしまう可能性があります。

短期間で申し込みをする件数は3件までに止めておいた方が一般的には良いとされています。

3件の申し込みをしてから半年ほどは審査を通過することはできないと考えられています。

なかなか審査に通らないからといって、審査の申し込みをし続けるのではなく
数ヶ月から半年くらいの時間を置いてから、再度申し込みをした方が審査に通りやすいのです。

提供した情報に信頼性がないのでは?

カードローンの審査を通過するためには「信頼」がとても重要です。

「運転免許証」「自宅固定電話」「自宅住所」「職場の在籍確認」
これらはしっかりと確認できた方が良いという情報です。

この4つの情報がしっかりと確認できることで審査を通過できる可能性はとても高くなります。

運転免許証や固定電話を持っていない場合でも、しっかりと正しい情報を提出しましょう。

虚偽の情報を提出してしまっては、以降、カードローンを利用できなくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。

ブラックリストに載ってはいませんか?

支払いを滞納してしまった過去や自己破産をした過去があるという方の場合
ブラックリストに載ってしまっている可能性があります。

ブラックリストに載ってしまうと、一般的にはカードローンを利用することは不可能です。

一生ブラックリストに載ったままということはありませんが
ラックリストから消えるまでには5年ほど時間が必要だとされています。

中には10年近くブラックリストに載っている方もいるようです。

自分自身ではなく、家族がブラックリストに載ってしまっている場合にも審査を通過できる可能性はとても低いようです。

ページトップへ